消費者金融

消費者金融と銀行の違いは何?

いつでも借りたい時にお金が借りれるキャッシング。
急に現金が必要になった時とても便利ですが、キャッシングと一言でいっても取り扱っている会社は様々です。

 

大きく分けると、銀行とノンバンク(消費者金融、信販会社など)に分けられます。
では消費者金融会社と銀行の違いとはなんでしょうか?

 

大きな違いは銀行でのキャッシングは総量規制の対象外という点でしょう。
総量規制とは、消費者金融などを対象に制定された貸金業法と呼ばれる法律による規制で、その中の一つに年収の三分の一以上貸し出してはいけないという決まりがあります。

 

この規制は銀行でキャッシングする場合適応されません

 

また銀行の金利は低めに設定されています。
なぜなら銀行のキャッシングは審査が厳しいため、貸し出しする人を限定することになります。

 

その分貸し倒れのリスクが少ないので低い金利を設定することができます。

 

ただ、銀行は審査が厳しいので、融資までに時間がかかることが少なくありません。
早くお金を借りたい、期限が迫っているという方は即日融資などのサービスが充実していて、融資までの時間が短い消費者金融で申し込みする方が安心でしょう。

 

また消費者金融では無利息期間を設けている会社も多くみられます。
少額の借り入れで短期間で返済できる場合、この無利息キャンペーンのサービスを利用するととてもお得に融資が受けれます。

 

つまり、銀行での借り入れは総量規制の対象外で、金利が低めに設定されているので、高額な借り入れ、長期の借り入れの際利用するとよいかもしれません。
そして、消費者金融会社は融資までの時間が短く、無利息キャンペーンなどのサービスが充実している為、早急に融資を受けたい場合、少額の借り入れ、短期の借り入れに向いているといえます。

 

双方のメリット、デメリットを把握し、計画的に利用したいものです。